日本語

見る

法話の動画

聞く

法話の録音

読む

  • 人々を救おうとする仏の深い誓い
    1206年の十二月、後鳥羽上皇が熊野に参詣のため留守の間、上皇の女房である鈴虫と松虫は法然門下の安楽房と住蓮房の専修念仏の集いに参加していました。女房らはお念仏の教えを聞いた後、心が転換し、そこで出家したそうです。 鈴虫と松虫が出家したことを知ると、上皇は腹を立て、安楽房と住蓮房を含めた法然聖人の門下四人を死罪に処し、法然聖人と親鸞聖人を含めた八人を流罪にしました。法然聖人は四国の方に流罪となり、残りの七人は僧籍を取られ、越後や九州、日本中に配流されました。その時、法然聖人の門下は悲しく思いましたが、法然聖人はこれもお念仏のご縁ですとお教えになられたそうです。法然聖人は流罪になった時、次の言葉を述べられています。 「流刑は、決して恨みに思ってはなりません。その訳は、私の年齢はもう八十に近くなっています。たとえ師弟が同じ都に住んでいても、この世の別れはきっと近くにあります。たとえ山や海を隔てようとも、浄土での再会をどうして疑いましょうか。また、この世をいとうといっても、生き永らえるのが人間の身です。惜しんでも死ぬのは人間の命であります。どうして住んでいる場所によることがありましょうか。そればかりでなく、念仏を広め行うことは、京都では長い年月を経ました。だから地方へ行って農民たちに念仏を勧めることは長年の願いでありました。しかし、その時が到来しないで、願いを果たしていません。このたびの縁によって年来の本意を叶えることは、実に朝廷のご恩だと言えます。この教えが世に広まることは、人がおしとどめようとしても、教えは決してとどまるものではありません。諸仏は人びとを救おうとする誓いが深く、人の目に見えない諸天は仏法を守護する約束を固くしています。それゆえ、どうして世間の非難に遠慮して経文や釈文の真意を隠すことが出来ましょうか。ただし、心を痛めていることは、わたくし源空がおこした浄土の法門は、濁世末代の人びとが間違いなく迷いの世界を抜け出す大事な道でありますから、常に従って守る天の神・地の神や、目に見えない神仏が、きっと非道な妨げをおとがめになるのではないかということです。命あるものは、この因果の道理が間違いないことに思いをいたすべきでしょう。因縁が尽きなければ、どうしてまた今生で再会することがないでありましょうか。」 (『現代語訳 法然上人行状絵図』第三十三巻 第三段) 法然聖人が流罪になった時、きっと門弟たちは怒りと恨みの思いを抱いていたことでしょう。しかし、親鸞聖人と他の門弟たちは法然聖人の教えを疑いなくいただいていたおかげで、流罪がご縁となって、お念仏は京都だけでなく、越後、関東、九州など日本各地に響くようになりました。この流罪の不道が仏法が広まるご縁となったのです。現在においても不道の事件は次々と起こりますが、法然聖人と親鸞聖人のように仏法の真実をよりどころとすれば、阿弥陀如来の智慧と慈悲の働きによって私たちの人生をはじめ、この世の中は安穏になるのです。 南無阿弥陀仏
  • 無言の中に喜びあい
    今年の春の訪れに伴い、去年と同様、2021年3月21日にお彼岸法要をインターネットと電話でライブ中継で行います。昨年の3月から今月までの丸一年、私たちは新型コロナウイルス感染拡大を防ぐための規則の中で生活してきましたが、いよいよ予防接種が完成し、すでに予防接種を受けられたご家族や友人らも多くなってきましたし、感染率も減少傾向のようで、希望の光が少し見えてきました。コロナウイルス発生から一年が経ってようやく、戻ることの出来る元の生活の岸が大分はっきり見えてきた気がしますが、私たちがまだまだ疫病の海の真ん中に浮かんでいるのが現実です。 新型コロナウイルスの感染が深刻な時の生活は未知の海を航海するようなものに感じられましたが、人間の長い歴史の流れを振り返りますと、疫病という存在は常にあったと気づくことが出来ます。そして、私たちは生死の海を渡られた先人の方々の智慧をいただくことにより、私たちのために照らされてある彼岸への道を見つけることが出来るでしょう。 1919年、カリフォルニア州中央海岸にあるグアダルーピ(Guadalupe)周辺の農場には、多くの日系移民が働いていました。そして、そのほとんどの人たちは農場の近くにあった住宅やキャンプに住んでいました。その当時、妻を呼んで家族ができるようになると、彼らは農場という場所が子育てや教育を受けるのにふさわしい環境ではないということが分かってきました。そういった日系コミュニティのニーズに対応して、松浦逸清(まつうらいっせい)開教使とその妻松浦忍(しのぶ)氏は子供たちを次々とお寺に宿泊させながら、現地の学校に通わせ、学校の後は子供達に日本語を教えました。最終的に20名余りの子供が集まったので、政府を通して正式な許可証を得て、そこはグアダルーピ・チルドレンズホームとなりました。 後に松浦忍氏は『悲願』という著書にその当時の思い出を書かれました。その中に次のエピソードが書かれてあり、当時の方々が厳しい現実の中で、御念仏に支えられ暮らしていた姿が述べてあります。 皆、健康なときは安心ですが、時々、流行病の時は心配でねむることも出来ません。麻疹(はしか)(ミズル)、頬張(ほおばれ)れ(マンプス)、水疱瘡(みずぼうそう)(チキンポックス)、百日咳(ひゃくにちぜき)(フィピングカフ)、など一人病みますと、次々と伝染しますので困りました。熱のある苦しい時も、じっと我慢して寝ている子達を、看護していますと、さぞお母さんの所へ、帰りたかろうと、ほろりと致しました。一度、秋子[という女の子]が猩紅熱(しょうこうねつ)(スカーレットフィバー)にかかりました。一か月の隔離(一切外出も出来ず、訪問者も立入禁止)泣くにも泣かず、ただ一心に、姉の仁子と看護しました。お父さんが(母親は早く死亡)、垣の外から、「秋子を頼みますよ。たとえ死にましても、お寺の中ですから本望です、お願いします」と呉々もたのまれる毎日でした。幸い四週間後、全快。他の子供達には予防注射、食物、運動、娯楽、勉強、などに注意しましたお陰か皆元気でした。一か月過ぎて、父兄達が早速かけつけて下さった時は、無言の中に喜びあい御念仏のお陰と合掌せずには、おられませんでした。 (松浦忍著『悲願』 184頁) この話を通じて、御念仏がこれまでアメリカで代々多くの方の力になっていたことがうかがえます。松浦開教使のご婦人と姉の仁子さんが病気にかかった秋子さんに寄り添う姿に、仏様の慈悲が現れています。私も父親として、秋子さんのお父さんが毎日お寺の垣越しに訪ねる親心に感動しました。秋子さんのお父さんは娘さんのことを深く思いやると同時に、秋子さんが仏様と一緒にお寺にいることに安心を得ていました。その御念仏の力によって、何が起こっても、安心して向き合うことができたのでしょう。最も恐ろしい死の可能性に向き合うことができたからこそ、再会できた時はなおさら共に生かされている命の有り難さを心から喜ぶことができたことでしょう。 南無阿弥陀仏
  • 真実の智慧を依りどころとし、 人間の分別に依ってはならない
    2月は釈迦牟尼仏陀がこの世で最後の息を吸い入滅寂静を遂げられたことを記念する涅槃会をお勤めします。この涅槃会で私たちは、生を受けるものは必ず死に至るという真実に気づくことができます。悟りを開いた釈迦牟尼仏陀でさえ死に至ったということは、いつまでもこの生命を伸ばすというのは仏法の目的ではないことを明らかにしています。つまり、お釈迦さまは自分自身で諸行無常の道理を示されたのです。  仏法は、このいただいた人間としての生を充実したものにし、心安らかに死と向き合える力を与えてくださいます。ちょうど昨年の今頃、初めて新型コロナウイルスの感染者がここ西海岸にも出たニュースを聞きましたが、それから一年の間に人生のありがたさに気づかされたことが何度もありました。その度に「私は極楽往生への落ち着いた心をいただいているだろうか?」という自分自身への問いがわきました。 私の心の様子を考えますと、自分の欲しいものを追いかける日々の繰り返しが殆どという気がします。例えば、昨年初春頃、新型コロナウイルスが広まり始めていたときにはトイレットペーパーや手の消毒ジェルを買うのに必死になっていましたし、最近で言いますと、どんどん背が伸びている長男の新しい自転車を買うことに焦っていました。新型コロナウイルス発生以降、皆な外で出来る楽しい運動を探しているため、自転車はとても人気のアクティビティになっています。特に、体育館の閉鎖や、サッカーの練習が中止になっている今の時期は、多くの家族が子供に新しい自転車を買っているようで、自転車がなかなか手に入らないものになってきました。このように自分が欲しいものがなかなか手に入らない時には、何としてもそれを手に入れようと必死に調べ、自分の利益を求めるための工夫やはからいが色々出てくるものです。私はサンフランシスコからパロアルトまでのあらゆる自転車屋に電話を掛けましたが、息子のサイズの自転車は皆売れ切りで、どこも今度いつ入荷するか分からないと言われました。一か八かで、サンマテオにあるとても小さな自転車屋に電話をかけてみると、コンディションがいい中古の一台があると聞いて急いでその店に向かい、迷わずすぐに購入しました。 反対に、自分が欲しいものを追いかけていない時には、イヤなものを避けようとする傾向にあるように思えます。例えば、自分と違う意見を持つ人とはなるべく触れ合わないようにしていたり、自分が読むニュースや聞くポッドキャスト、そして見るウェブサイトは皆自分の考え方を肯定するもので、違う視点のメディアからの情報を得ようとしていません。世界の本当の様子を理解するというよりもむしろ、私と異なる考えを持つ人に全く耳を傾けていないのです。 このような、追いかけたり避けたりする日々の中で、人生の無常とありがたさに気づかされることがあります。今朝のニュースによると、新型コロナウイルスの感染による死亡者数は、世界全体で2,077,628人に達し、アメリカでは406,196人、カリフォルニア州では35,068人、サンマテオ郡では309人の方が亡くなられたとのことです。皆さんがこのニュースレターを読むまでの間にも、コロナウイルスの感染が原因で往生された方はさらに増加していることでしょう。まさに蓮如上人が記された「白骨章」にある「おくれさきだつ人はもとのしづくすゑの露よりもしげしといへり。」とのお言葉が思い浮かびます。 この諸行無常の世の中で、お釈迦さまの教えは安心に至る道を照らして下さいます。 釈尊はまさにこの世から去ろうとなさるとき、 比丘たちに仰せになった。 「今日からは、 教えを依りどころとし、 […]
  • 心のよりどころ
    1月24日に日本語法要をインターネットと電話でライブ中継をしました
  • 松竹梅
    まさに異例であった2020年がようやく終わりを迎え、2021年を新たに迎えるにあたって、家に門松やしめ飾りなどの正月飾りをされているご門徒さんもおられると思います。正月飾りに使われる松、竹、梅は、日本ではお祝いの場面でよく登場します。この松竹梅ですが、我が家にあった『「和」の行事えほん』(高野紀子 作)によると次の説明がありました。 「松竹梅(しょうちくばい)は「歳寒三友(としかんさんゆう)」ともいわれ、「冬の寒さにたえるたくましい三本の木」という意味があります。 松は、冬も青々としていることから、竹は、雪の重さにも折れないしなやかさから、梅は、早くさいて春のおとずれを知らせる、ということから、めでたい木の代表となりました。(41頁)