日本語

  • 慈しみあわれむ親様
    五月は母の日をお祝いします。「母親」と言うと、ある人は生みの母を思い浮かべるでしょうが、ある人は生みの母ではなく、自分に優しくしてくれた方を思い浮かべるでしょう。一人の御門徒さんはご自身の生みの母の近くにはお住まいではないものの、「お寺の婦人会にお母さんがたくさんいます。」と、よくおっしゃっていました。そして、婦人会の方に何か注意された時には、「はい、お母さん、分かりました!」と返事し、何か手伝ってもらった時には、「お母さん、ありがとうございます!」と言っていました。彼女の言う「お母さん」という存在は、生みの親ではなく、自分のことを思ってくれる存在を意味しています。
  • 春に咲く花
    私の実家があるミネソタ州は冬が寒いので、子供の時、毎年秋には枯れた花を取り除く母の庭仕事を手伝って、次の春のための庭の土を準備したものです。ある年の 11月、私は庭に花の球根を植えながら「これから四ヶ月先まで土はずっと凍っているのに、なぜ今これを植えないといけないかな」と不思議に思っていました。 しかし、翌年の4月になるとたくさんのチューリップやクロッカスの花が綺麗に咲きました。その四ヶ月の間、庭には何も生きている植物はないと思っていましたが、そこにはちゃんと美しい命が存在していて、出てきた芽や花を見た時は感動しました。つまり、庭に命が消えていた訳ではなく、形を変えて存在していただけだったのです。その時の花が咲いたことを見て気付いた自然界の経緯を思い返すと、過去の原因が今の結果になることが理解できます。
  • 西に向かって
    サンマテオ仏教会に赴任する前の3年間半、私はオックスナード仏教会とサンタバーバラ仏教会を任されていました。ある日、サンタバーバラ仏教会のメンバーの方から電話があり、「馬場さんが入院しています。先生が会いに行ってあげたら喜ぶと思います。」と伝えてくれました。馬場さんは95歳の帰米の男性の方で、法要の時は必ずスーツとネックタイを着て参拝されていました。口数の少ない方でしたが、法話の時の熱心なお聴聞の姿が印象に残っています。 その当時は、我が家の長男が一歳になったばかりの頃で、まだまだ子育てしながらの生活に慣れておらず、連絡をいただいた時はその内容に少し慌てていたところでした。馬場さんの病室に入るとたくさんの医療機械がベッド脇に並んでいて、ピーピー音を出して作動していました。馬場さんは私を見ると、「先生、お忙しい中、ありがとうございます。」とすぐに挨拶をしてくれました。私は「馬場さん、どうですか?」と聞いたら、「まあ、ぼちぼちです。先生の奥様と坊やは元気ですか?」と答えてくれました。
  • 釈迦様にいただく安心
    二月は釈迦様の入滅を偲ぶ法要、涅槃会を行います。釈迦様は自身が入滅することにより、生まれる者は必ず死に至るという人間の姿を示されました。このようにいつかは死に至る限られた人生を生きる私たちは、どこに生きる目的を見つけたらよいのでしょうか?世の中を見ていると、名誉や利益のために生きている人も多いと感じることがあります。このことについて、親鸞聖人でさえ正像末和讃に次の言葉を述べてあります。 是非(ぜひ)しら​ず邪(じゃ)正(しょう)もわか​ぬ この​み​なり 小(しょう)慈(じ)小(しょう)悲(ひ)も​なけれ​ども 名(みょう)利(り)に人(にん)師(し)を​このむ​なり ものごとの善悪も、 正しいことやよこしまなことの区別もつかない この身である。 わずかばかりの慈悲さえもっていない身でありながら、 名誉や利益を求めて人の師となることを望むのである。… Read more: 釈迦様にいただく安心
  • 辰年
    新年おめでとうございます!干支に2024は辰年で、竜の年です。昔から仏教において、竜は仏法を守る役目を果たすと言われています。そして、多くのお寺で、香炉、襖、お内陣の荘厳などに竜の彫刻や絵を目にします。親鸞聖人の『皇太子聖徳奉讃』に、聖徳太子が建立した四天王寺の敬田院で竜が仏法を常に守っていることが述べてあります。 この地(ち)の​うち​に麗水(れいしゐ)あり 荒陵(くわうりよう)池(ち)と​ぞ​なづけ​たる 青(しやう)竜(りう)つねに​すみ​て​こそ 仏法(ぽふ)守(しゆ)護(ご)せしめ​ける 日頃、私たちは財産や身体を守るために色々な手段を使っています。泥棒が家に入らないように家には鍵を掛けて財産や身体の安全を守ります。車にもアラームを付けて窃盗から守ります。スケートボード、アメフト、アイスホッケーなど荒々しいスポーツをする人は身を守るためにプロテクターをつけます。 私が自転車を乗る時には頭を守るためのヘルメットを被り、皮膚を守るための日焼け止めを塗ります。このように、私たちは大切なものを守りたい時や、泥棒や紫外線のような被害を与えるものが中に入らないように様々な手段を取ります。