日本語

法話の動画

聞く

法話の録音

読む

  • 親子のご縁
    5月に宗祖親鸞聖人のご誕生を祝う降誕会(ごたんえ)を行います。降誕会では、親鸞聖人の子供の頃を描いた銅像を本堂に置いて、親鸞聖人が子供であった頃を思い浮べたいと思います。5月は母の日もありますので、母親へのご恩にも感謝する時です。降誕会と母の日が同じ5月というわけで、ここに親子のご縁を考えさせられます。ただここに言う親という存在は生物的な父母に限っているわけではありません。祖父母、学校の先生、スポーツのコーチ、仕事の上司等さまざまなご縁に親子関係が見えてきます。 親鸞聖人は幼い時にお母さんと離れ離れになったと伝えられており、その後、九歳の時に得度をして出家されました。親鸞聖人がお父さんとお母さんと共に暮らした時間は短いものでしたが、自分の心の中に「親様」としての存在は大きかったようで、『高僧和讃』には次のお言葉があります。
  • 尊い命
    4月は花まつりの法要をお勤めします。花まつりというのは2,645年前にネパールにあるルンビニーの花園でお生まれになったゴータマ・シダッタのご誕生をお祝いする日です。仏陀になることを目指し何回も生まれ変わり、ずっと修行してこられた人を菩薩と言います。この仏陀になられる菩薩の誕生については『仏説無量寿経』に次のように述べられています。 右の脇から生れて七歩歩き、 その身は光明に輝いて、 ひろくすべての世界を照らし、 数限りない仏の国土はさまざまに震動する。 そこで、 菩薩自身が声高らかに、「わたしこそは、 この世においてこの上なく尊いものとなるであろう」 と述べるのである。 現代人の科学的な考え方から見ると、このような生まれ方は不可能であろうと思われるかもしれませんが、この話は化学的な現実よりも宗教的な真実を表しています。 […]
  • 仏様が見る私
    コロナ禍が私たちの日常生活に大きく影響し始めてから今年三月でちょうど2年が経ちました。お寺の行事、家族の集まり、友達との関係など色々な面で生活に影響が出ましたが、今振り返ってみると、子供たちが学校に行くことが出来ず、一年以上続いた家でのディスタンスラーニングが一番のチャレンジだったような気がします。自分の仕事、そして家の事や三男の相手をしながら、子供のオンライン学習のサポートもしなければならず自分の力の限界にぶつかることが多々ありました。子供がやる気がなくてもやらないといけない勉強をさせて、やりたくてもやってはいけないいたずらをさせないという管理は日々の課題でした。
  • お浄土に往生したい?
        今月は、2,500年前釈迦牟尼仏が北インドのクシナガラに入滅したことを記念する「涅槃会」をお勤めします。悟りを開かれていた釈迦さまはこの世の命を終えた時、穏やかな心をもって死へ向かう涅槃寂静を得られました。阿弥陀如来の救いをいただく念仏者は、この命を終えた時、お浄土に往生し釈迦さまと同じ悟りを得ることが出来ますので、浄土の往生することを楽しみする人は多いはずですが、いかがでしょうか? 先日、一人のご門徒さんと話していたときに、「最近仏教を学び始めて、浄土真宗の教えにおいて、お浄土に往生することがポイントだと言うことは分かってきましたが、どうしてもお浄土に往生したいという気持ちは出てきません。このようにあまりお浄土に行こうと思わないことは反省すべきでしょうか?」と聞かれました。
  • ねんぶつのせきがでるでる
        年末年始も近まり、今年は久しぶりに家族の集まりを予定している人が多いようです。私も二年半ぶりに家族をつれてミネソタ州にある故郷に帰ることにしました。久しぶりに両親に会うと、離れて住む家族と一つの場所に集うことの良さを改めて感じました。一つの暖かい部屋に座り、一つの鍋から美味しい料理をいただき、楽しい話をしながら、家族や友達と同じ空気を吸うのは本当にありがたい事です。実際に会って過ごすことで、電話やオンラインでは伝わらないことが伝わるのも良いところですね。       私の知る方が、先日、家族でサンクスギビングを過ごされた時の話をして下さいました。久しぶりに家族全員が食卓に集まって、楽しい会話をしながらご馳走をいただいたそうです。しかし、その数日後、家族の一人が発熱とインフルエンザのような症状を訴え、その家族は新型コロナウイルスのワクチン接種もブースター接種もしていたにも関わらず、コロナウイルスのテストを受けたところ、陽性だったとのことです。それから家族全員がテストを受けたところ、さらに二人が陽性だったそうです。幸い皆がワクチンを接種していたので、重病には至らなかったものの、すでにワクチン接種をしていても、ホリデー中に集まりをする前はコロナウイルスのテストをしておいた方がいいですよと、その方は今回の経験から私にアドバイスを下さいました。