慈しみあわれむ親様

五月は母の日をお祝いします。「母親」と言うと、ある人は生みの母を思い浮かべるでしょうが、ある人は生みの母ではなく、自分に優しくしてくれた方を思い浮かべるでしょう。一人の御門徒さんはご自身の生みの母の近くにはお住まいではないものの、「お寺の婦人会にお母さんがたくさんいます。」と、よくおっしゃっていました。そして、婦人会の方に何か注意された時には、「はい、お母さん、分かりました!」と返事し、何か手伝ってもらった時には、「お母さん、ありがとうございます!」と言っていました。彼女の言う「お母さん」という存在は、生みの親ではなく、自分のことを思ってくれる存在を意味しています。

Continue reading “慈しみあわれむ親様”

春に咲く花

私の実家があるミネソタ州は冬が寒いので、子供の時、毎年秋には枯れた花を取り除く母の庭仕事を手伝って、次の春のための庭の土を準備したものです。ある年の 11月、私は庭に花の球根を植えながら「これから四ヶ月先まで土はずっと凍っているのに、なぜ今これを植えないといけないかな」と不思議に思っていました。

しかし、翌年の4月になるとたくさんのチューリップやクロッカスの花が綺麗に咲きました。その四ヶ月の間、庭には何も生きている植物はないと思っていましたが、そこにはちゃんと美しい命が存在していて、出てきた芽や花を見た時は感動しました。つまり、庭に命が消えていた訳ではなく、形を変えて存在していただけだったのです。その時の花が咲いたことを見て気付いた自然界の経緯を思い返すと、過去の原因が今の結果になることが理解できます。

Continue reading “春に咲く花”

西に向かって

サンマテオ仏教会に赴任する前の3年間半、私はオックスナード仏教会とサンタバーバラ仏教会を任されていました。ある日、サンタバーバラ仏教会のメンバーの方から電話があり、「馬場さんが入院しています。先生が会いに行ってあげたら喜ぶと思います。」と伝えてくれました。馬場さんは95歳の帰米の男性の方で、法要の時は必ずスーツとネックタイを着て参拝されていました。口数の少ない方でしたが、法話の時の熱心なお聴聞の姿が印象に残っています。

その当時は、我が家の長男が一歳になったばかりの頃で、まだまだ子育てしながらの生活に慣れておらず、連絡をいただいた時はその内容に少し慌てていたところでした。馬場さんの病室に入るとたくさんの医療機械がベッド脇に並んでいて、ピーピー音を出して作動していました。馬場さんは私を見ると、「先生、お忙しい中、ありがとうございます。」とすぐに挨拶をしてくれました。私は「馬場さん、どうですか?」と聞いたら、「まあ、ぼちぼちです。先生の奥様と坊やは元気ですか?」と答えてくれました。

Continue reading “西に向かって”

Gotan-e Shinran Shonin’s Birthday Service

May 19, 2024

Guest Speaker

Rev. Keisuke Lee-Miyaki

Buddhist Church of San Francisco

Minister’s Assistant

御講師

宮木 リー 啓輔

サンフランシスコ仏教会

We warmly welcome you to join us in person at the San Mateo Buddhist Temple or from the safety and comfort of your own home via Zoom Meeting for our Gotan-e Shinran Shonin’s Birthday Service on Sunday, May 19, 2024 at 9:30 a.m.

2024年5月19日の9時30分から宗祖降誕会ををお勤めします。

Schedule
8:30 a.m. Shoshinge Gyofu Chanting
9:00 a.m. Sangha Social Hour
9:30 a.m. Gotan-e Dharma Service with English Language Message by Rev. Keisuke Lee-Miyaki
10:30 a.m. 日本語法話 宮木 リー 啓輔 Japanese Language Dharma Message by Rev. Keisuke Lee Miyaki

To join us online via Zoom, CLICK HERE to sign up for “Live Broadcast of Services”.

ご参拝したい方はここにクリックして、”Live Broadcast of Services”に登録してください。

釈迦様にいただく安心

二月は釈迦様の入滅を偲ぶ法要、涅槃会を行います。釈迦様は自身が入滅することにより、生まれる者は必ず死に至るという人間の姿を示されました。このようにいつかは死に至る限られた人生を生きる私たちは、どこに生きる目的を見つけたらよいのでしょうか?世の中を見ていると、名誉や利益のために生きている人も多いと感じることがあります。このことについて、親鸞聖人でさえ正像末和讃に次の言葉を述べてあります。

是非(ぜひ)しら​ず(じゃ)(しょう)もわか​ぬ

この​み​なり

(しょう)()(しょう)()も​なけれ​ども

(みょう)()(にん)()を​このむ​なり

ものごとの善悪も、 正しいことやよこしまなことの区別もつかない

この身である。

わずかばかりの慈悲さえもっていない身でありながら、

名誉や利益を求めて人の師となることを望むのである。

世の中で名誉と利益が人生の中心になってしまうことは親鸞聖人の時から今まで変わっていません。親鸞聖人のこの言葉を読むと、私も名誉と利益に振り回されているその一人だという気がします。

インターネット時代の今、多くの人がソーシャルメディアで自分のイメージを管理することに忙しく、「いいね」という反応を集めることで誰でも名誉を感じることができるため、中毒的に多くの人がそれに多くの時間を費やしてしまっています。名誉のために生きていると、人にどう評価されているかが気になり、心や物事に対する視野が狭くなってしまうことがあります。「ある人に注目が集まっているという事は、もしかすると私は無視されているのではないだろうか」と心配になったり、「周りの誰かが褒められたということは、私の評判が低いということなのではないだろうか」と周りの人を嫉妬してしまうことさえ起こりえます。名誉を求めると切りがなく、名誉によって安心を得るというよりも、むしろ逆に不安になることが多いようです。

利益のために生きると命の尊さを忘れてしまう恐れがあります。現代の社会は、利益を集める経済力によって人生の価値をつける傾向があり、学校の先生やケア・ギバーなど人のために働く人たちの生活は厳しくなっています。それに加えて、人工知能(AI)の発展に伴い、ある仕事はA Iが取って代われる可能性があるので、ビジネス面では人件費の削減につながり会社の利益向上が見込めるものの、もし今自分がしている仕事が要らなくなると、自分の職員としての価値がなくなるのではと心配している人も沢山いるようです。自分だけの利益を求め始めると、それも切りがなく、利益によって安心を得るというよりも、逆に不安になります。

凡夫は名誉と利益に迷い不安になります。釈迦様は凡夫に本当の安心を与えるためにこの世に現れたことについて、親鸞聖人は「正信念仏偈」に次の言葉を述べてあります。

如来が世に出られるのは、 ただ阿弥陀仏の本願一乗海の教えを説くためである。

五濁の世の人々は、 釈尊のまことの教えを信じるがよい。

阿弥陀如来の本願は全ての人々を分け隔てなく救う誓いです。名誉というのは名誉により知られている人と知られていない人を分け隔てます。利益というものは裕福な人と貧乏な人を分け隔てます。釈迦様はこの名誉と利益の世界に迷い苦しんでいる私たちのために本願の教えを説かれました。

私たちの人生は、決して名誉と利益によってだけ尊くなる訳ではありません。本願に出会える人生そのものが苦しみから救われる尊いものです。私たちが日頃耳にする「南無阿弥陀仏」のお念仏は、阿弥陀仏が「あなたを必ず救います」という仏様の呼び声です。そして、私たちが口にする「南無阿弥陀仏」とは、仏様の呼び声を聞き信じることで湧き出る「お救いいただきありがとう」という喜びと感謝を表す声です。釈迦様はこのお念仏の安心を私たちに与えるためにこの世に現れてくださったのです。

南無阿弥陀仏

Hanamatsuri Buddha’s Birthday Service

April 14, 2024

Guest Speaker

Rev. Yukiko Motoyoshi

Buddhist Churches of America

Minister Emeritus

御講師

本好由紀子

浄土真宗本願寺派北米開教区

名誉開教使

We warmly welcome you to join us in person at the San Mateo Buddhist Temple or via Zoom Meeting for our Hanamatsuri Service on Sunday, April 14, 2024 at 9:30 a.m. in celebration of Siddhartha Gautama’s Birthday.

2024年4月14日の9時30分から灌仏会(花祭)をお勤めします。

オンラインや電話を通しての参拝も可能です。

Schedule
8:30 a.m. Shoshinge Gyōfu Chanting
9:00 a.m. Sangha Social Hour
9:30 a.m. Hanamatsuri Service with Dharma talk by Rev. Yukiko Motoyoshi
10:30 a.m. Japanese Dharma Talk by Rev. Yukiko Motoyoshi 日本語法話 本好由紀子 先生

To join us for this online Spring Ohigan Service, CLICK HERE to sign up for “Live Broadcast of Services”.

ご参拝したい方はここにクリックして、”Live Broadcast of Services”に登録してください。

辰年

新年おめでとうございます!干支に2024は辰年で、竜の年です。昔から仏教において、竜は仏法を守る役目を果たすと言われています。そして、多くのお寺で、香炉、襖、お内陣の荘厳などに竜の彫刻や絵を目にします。親鸞聖人の『皇太子聖徳奉讃』に、聖徳太子が建立した四天王寺の敬田院で竜が仏法を常に守っていることが述べてあります。

この()の​うち​に麗水(れいしゐ)あり

荒陵(くわうりよう)()と​ぞ​なづけ​たる

(しやう)(りう)つねに​すみ​て​こそ

(ぽふ)(しゆ)()せしめ​ける

日頃、私たちは財産や身体を守るために色々な手段を使っています。泥棒が家に入らないように家には鍵を掛けて財産や身体の安全を守ります。車にもアラームを付けて窃盗から守ります。スケートボード、アメフト、アイスホッケーなど荒々しいスポーツをする人は身を守るためにプロテクターをつけます。 私が自転車を乗る時には頭を守るためのヘルメットを被り、皮膚を守るための日焼け止めを塗ります。このように、私たちは大切なものを守りたい時や、泥棒や紫外線のような被害を与えるものが中に入らないように様々な手段を取ります。

Continue reading “辰年”

Spring Ohigan Equinox Service

March 17, 2024

Guest Speaker

Rev. Blake Honda

Ministerial Candidate

Institute of Buddhist Studies


We warmly welcome you to join us in person at the San Mateo Buddhist Temple or via Zoom Meeting for our Spring Ohigan Equinox Service on Sunday, March 17, 2024 at 9:30 a.m.

2024年3月17日の9時30分から春季彼岸会をお勤めします。

Schedule
8:30 a.m. Shoshinge Gyofu Chanting (Click here for chanting text)
9:00 a.m. Mindfulness Mediation
9:30 a.m. Spring Ohigan Equinox Dharma Service with English Language Message by Rev. Blake Honda
10:30 a.m. 日本語法話 アダムス・ヘンリー先生 Japanese Language Dharma Message by Rev. Henry Adams (本堂 Hondo)
10:30 a.m. Dharma Discussion with Rev. Blake Honda (Sangha Room)

To join us online via Zoom, CLICK HERE to sign up for “Live Broadcast of Services”.

オンラインでご参拝したい方はここにクリックして、”Live Broadcast of Services”に登録してください。

慈悲の光明が常に照らしてくれる

最近、中東からの悲しいニュースが毎日届く中、ウクライナでの戦争も長引いており、さらにアメリカ国内での乱射事件も次々と起こって、この世の中はむさぼりといかりとおろかさに目が遮られ、全ての人々は共生する事の大切さが見えなくなってきているように思えます。こういう暗みが多い時にこそ、他宗教の仲間と集まり共に世の中の平和の願いを表すことで希望の光が見えてくると思います。先日、他宗教の友人と話す中で、ユダヤ教ではハヌカー、イスラム教ではラマダン、ヒンズー教ではディーワーリー、キリスト教ではクリスマスと、多くの宗教には暗闇の中の光の輝きを喜ぶ祝日があることに気付きました。

日本の仏教においては、釈迦牟尼如来が悟りを開いた日を記念する成道会を12月8日に行います。成道会とはゴータマ・シッダッタが悟りの道と智慧の光を求めた歩みを振り返りながら、仏様の素晴らしさを褒め讃える法要のことです。

Continue reading “慈悲の光明が常に照らしてくれる”

Nirvana Day 涅槃会 (February 11)

Nirvana Day is our observance of Sakyamuni Buddha’s departure from this world and entrance into the lasting tranquility of parinirvana. It is also a precious opportunity to reflect the truth that the impermanence of human life applies to all those who are born into this world.

2024年2月11日の9時30分から涅槃会をお勤めします。涅槃会は釈迦牟尼仏陀がこの世で最後の息を吸い入滅寂静を遂げられたことを記念する法要です。.

Schedule
8:30 a.m. Shoshinge Gyofu Chanting (click here for chanting text)
9:00 a.m. Sangha Social Hour
9:30 a.m. Nirvana Day Service
10:30 a.m. Japanese Language Dharma Talk 日本語法話 (Hondo)
10:30 a.m. Dharma Discussion (Social Hall)

From The Letters of Rennyo Shonin (Gobunsho) Fascicle 3, Letter 4

How true it is that impermanence is difficult to escape for all, from the Great Sage, the World-honored One, at the highest level, to Devadatta, who committed evil acts and grave offenses, at the lowest.

Moreover, to receive life as a human being is indeed rare and difficult, and even more so is it the opportunity to encounter the Buddha Dharma, the way of emancipation from birth-and-death through practices of self-power is difficult to follow at the present time in the latter days. Therefore, our lives would be spent in vain unless we encountered the Primal Vow of Amida Tathagata.

To join us for this hybrid service via Zoom, CLICK HERE to sign up for “Live Broadcast of Services”.