世話をして世話になる

夏の終わりが近づくとまもなく秋の彼岸を迎えます。このお彼岸の季節に、私たちはあらためて、仏様の大慈悲を心のよりどころにし、これまでの人生を支えてくださったご縁を省みながら智慧の光が照らす安楽国への道の方角を確認します。

今年の夏休みに私は家族を連れてアイオワ州にある介護施設で暮らす祖母に会いに行きました。訪ねた日はとても元気で、私がまだ聞いたことがなかった彼女が生まれ育ったカンザスシティの都会での暮らしや思い出、そして祖父と結婚した後に移ったアイオワ州の田舎にある畜産農業を営む祖父の実家での暮らしに慣れるまでの経験を色々と聞かせてくれました。

祖母はカンザスシティの都会で暮らしている間、まさか将来自分が農家の人と結婚して農場に住むとは全く想像していなかったそうです。祖父は当時、航空整備学校で学ぶためにカンザスシティに引っ越して来ていて、祖母に出会った時はトランスワールド航空会社で航空整備士として働いていました。祖父は七人兄妹の一人息子で、姉妹たちはまだ結婚していなかったので、代々守ってきた農家の後を継ぐのは彼の責任でした。

祖母は、農家の生活は都会の暮らしのように楽なものではなかったと言います。農家に住み始めた頃は、家の中ではなく畑や家畜小屋で働くことの方が多かったようですが、畜産農業の運営が落ち着いてくると農家に働きに来る人たちが増えてきたため、今度は祖母は皆の食事を作る担当になりました。料理の材料を作るためにも野菜畑をどんどん増やさないといけなかったので、ある時は作物畑の端のスペースにも野菜を植えたこともあったそうです。農家の仕事は肉体労働のため、食時の時になると皆はとてもお腹が空いていて、食卓の上に置いた料理だけでは足りず、もっと用意して玄関にあったテーブルの上にも食べ物を置いて食べさせていたそうです。

私の母は七人兄妹の長女で弟が三人、妹が三人いたので、祖母にとって七人の子供を育てるのも大切な仕事でした。子供たちは自分たちで育てて良い牛や鶏などの家畜を与えられ、それらを自分たちで世話をすることで、家畜を売った時の利益が子供たちの小遣いになりました。家族が住んでいた農家の寝室は全て二階にあり、祖父母の部屋と洗面場を繋ぐ廊下はその間にある子供部屋の中を突き通っており、僕の叔父たちは子供の頃よく夜遅くまで騒いでいたそうですが、翌朝早朝から農場の仕事に出ないといけない祖父母は子供が起きないようにそっと出て行くのもお構いなしだったと祖母は笑いながら語ってくれました。

祖母の思い出話を聞きながら、祖母が広い心で色々苦労をしながらも農家を営みつつ家族を大切に育ててくれたおかげで、私が今日ここに生かさせていただいているのだとあらためて祖母への感謝の気持ちが込み上げてきました。祖母はこれまで長年たくさんの人のお世話をしてきました。そしてここ数年になってからは、私の母と叔父叔母が少しずつ祖母の世話をするようになってきました。常に移り変わる人生の中で、お世話をすることとお世話になることの関係性から見えてくる命の繋がりのありがたさを深く感じます。

祖母が都会から田舎の農家に嫁ぎ、私の母を育て、家族のための苦労がなければ、私は今ここに生かされていませんでした。同じように、阿弥陀如来が私を救う本願を誓ってくださっていなければ、私が安楽国に至ることもできません。親鸞聖人はこれを正像末和讃(98)に次のように述べられています。

如来(にょらい)願船(がんせん)いまさずは

()(かい)をいかでかわたるべき

阿弥陀仏の本願の船がなかったなら、

苦しみに満ちた迷いの海をどうして渡ることができるであろう。

南無阿弥陀仏

歓喜会

8月に行う盂蘭盆会(お盆)はお釈迦様が目連尊者という仏弟子に説かれた布施(ほどこし)についての教えに基づく法要です。目連尊者は自分の母親が亡くなった後、餓鬼道という欲が多く、満足する事のない苦しい世界に落ちていることを見てすぐにお釈迦様のところへ行き、どうすれば母親を救うことが出来るか尋ねました。お釈迦様は目連尊者に僧侶の仲間に食べ物や衣等のお布施をするよう説かれました。そして、お布施をした後、母親が餓鬼道から開放された様子を見た目連尊者はとても喜びました。

Continue reading “歓喜会”

甘味と苦味

先月、友達と一緒にサンマテオ・カウンティ・フェアに行って帰ってきた長男に、「何か美味しいものを食べた?」と聞くと、「うん、コットンキャンディーを食べた!」との答えでした。コットンキャンディーの味は甘さそのもので、私も子供の時は好きでしたが、私がこの間久しぶりにコットンキャンディーを食べると、あまりの甘さにびっくりしてしまいました。私が子供の時の好きだった食べ物も、とっても甘いものかとっても塩辛いものが多かった記憶がありますが、この歳になるとようやく色々な味が楽しめるようになってきたように思えます。

Continue reading “甘味と苦味”

Autumn Ohigan Equinox Service

September 25, 2022

Guest Speaker

Rev. Kodo Umezu

Bishop Emeritus

Buddhist Churches of America

御講師

梅津広道先生

前北米開教区開教総長

We warmly welcome you to join us in person at the San Mateo Buddhist Temple or from the safety and comfort of your own home via Zoom Meeting for our Autumn Ohigan Equinox Service on Sunday, September 25, 2022 at 9:30 a.m.

2022年9月25日の9時30分から秋季彼岸会をお勤めします。

Schedule
8:30 a.m. Shoshinge Gyofu Chanting (Click here for chanting text)
9:00 a.m. Sangha Social Hour
9:30 a.m. Autumn Ohigan Equinox Dharma Service with English Language Message by Rev. Kodo Umezu
10:30 a.m. 日本語法話 梅津広道先生 Japanese Language Dharma Message by Rev. Kodo Umezu

All ages are welcome to join without prior registration.

本堂でお参りされる方は事前要約は必要ありません。

To join us online via Zoom, CLICK HERE to sign up for “Live Broadcast of Services”.

オンラインでご参拝したい方はここにクリックして、”Live Broadcast of Services”に登録してください。

心の休め方

6月に入ると学年も終わって、いよいよ夏休みを迎えます。夏休みを目前にして、学生らは一年間の学習をまとめた試験や大きいプロジェクトを頑張って終えないといけません。この季節になると私は自分の大学時代が懐かしく思えて、ラーソン先生という日本語を教えていただいた教授のことを思い出します。ラーソン先生は期末試験が終わると「皆さん、お疲れ様でした。よく頑張りました。出来れば今年習ったことを忘れないように、夏休み中に少し日本語に触れ合った方がいいですが、来週までは日本語教科書を開けずに、ゆっくり休んでください。」とおっしゃっていました。一つの仕事を終わらせたら、休むことが大切です。休みながら今までに達成したことを振り返られるし、その後に何をすべきなのかも考えられるからです。

Continue reading “心の休め方”

Obon and Hatsubon Service Service

August 14, 2022

Guest Speaker

Rev. Michael Endo

Executive Assistant to the Bishop

Buddhist Churches of America

Minister’s Assistant

Buddhist Church of Oakland

御講師

遠藤マイケル先生

北米開教区

Executive Assistant to the Bishop

We warmly welcome you to join us in person at the San Mateo Buddhist Temple or from the safety and comfort of your own home via Zoom Meeting for our Obon and Hatsubon Service on Sunday, August 14, 2022 at 9:30 a.m.

2022年8月14日の9時30分から盂蘭盆及び初盆法要ををお勤めします。

Schedule
8:30 a.m. Shoshinge Gyofu Chanting (Click here for chanting text)
9:00 a.m. Sangha Social Hour
9:30 a.m. Obon and Hatsubon Dharma Service with English Language Message by Rev. Michael Endo
10:30 a.m. 日本語法話 遠藤マイケル先生 Japanese Language Dharma Message by Rev. Michael Endo

All ages are welcome to join without prior registration.  Proof of full Covid-19 vaccination required for eligible individuals age 5 and older.  Up to 36 in-person attendees will be seated in the Hondo, with overflow seating available in the adjacent Social Hall.

本堂でのお参りする方は新型コロナウイルスのワクチン接種を完了された方に限り36名まで枠がありますが、ソーシャル・ホールにも席を用意します。五歳以下の参拝者は新型コロナウイルスのワクチン接種の証明は要りません。

To join us online via Zoom, CLICK HERE to sign up for “Live Broadcast of Services”.

ご参拝したい方はここにクリックして、”Live Broadcast of Services”に登録してください。

親子のご縁

5月に宗祖親鸞聖人のご誕生を祝う降誕会(ごたんえ)を行います。降誕会では、親鸞聖人の子供の頃を描いた銅像を本堂に置いて、親鸞聖人が子供であった頃を思い浮べたいと思います。5月は母の日もありますので、母親へのご恩にも感謝する時です。降誕会と母の日が同じ5月というわけで、ここに親子のご縁を考えさせられます。ただここに言う親という存在は生物的な父母に限っているわけではありません。祖父母、学校の先生、スポーツのコーチ、仕事の上司等さまざまなご縁に親子関係が見えてきます。

親鸞聖人は幼い時にお母さんと離れ離れになったと伝えられており、その後、九歳の時に得度をして出家されました。親鸞聖人がお父さんとお母さんと共に暮らした時間は短いものでしたが、自分の心の中に「親様」としての存在は大きかったようで、『高僧和讃』には次のお言葉があります。

Continue reading “親子のご縁”

Gotan-e Shinran Shonin’s Birthday Service

May 22, 2022

Guest Speaker

Rev. Ryoze Wada

University of California, Berkeley

PhD Student

御講師

和田良世先生

カリフォルニア大学バークレー校

博士課程

We warmly welcome you to join us in person at the San Mateo Buddhist Temple or from the safety and comfort of your own home via Zoom Meeting for our Gotan-e Shinran Shonin’s Birthday Service on Sunday, May 22, 2022 at 9:30 a.m.

2022年5月22日の9時30分から宗祖降誕会ををお勤めします。

Schedule
8:30 a.m. Shoshinge Gyofu Chanting
9:00 a.m. Sangha Social Hour
9:30 a.m. Gotan-e Dharma Service with English Language Message by Rev. Ryoze Wada
10:30 a.m. 日本語法話 和田良世先生 Japanese Language Dharma Message by Rev. Ryoze Wada

POLICY UPDATE: All ages are welcome to join without prior registration.  Proof of full Covid-19 vaccination required for eligible individuals age 5 and older.  Up to 36 in-person attendees will be seated in the Hondo, with overflow seating available in the adjacent Social Hall.

本堂でのお参りする方は新型コロナウイルスのワクチン接種を完了された方に限り36名まで枠がありますが、ソーシャル・ホールにも席を用意します。五歳以下の参拝者は新型コロナウイルスのワクチン接種の証明は要りません。

To join us online via Zoom, CLICK HERE to sign up for “Live Broadcast of Services”.

ご参拝したい方はここにクリックして、”Live Broadcast of Services”に登録してください。

尊い命

4月は花まつりの法要をお勤めします。花まつりというのは2,645年前にネパールにあるルンビニーの花園でお生まれになったゴータマ・シダッタのご誕生をお祝いする日です。仏陀になることを目指し何回も生まれ変わり、ずっと修行してこられた人を菩薩と言います。この仏陀になられる菩薩の誕生については『仏説無量寿経』に次のように述べられています。

右の脇から生れて七歩歩き、 その身は光明に輝いて、 ひろくすべての世界を照らし、 数限りない仏の国土はさまざまに震動する。 そこで、 菩薩自身が声高らかに、「わたしこそは、 この世においてこの上なく尊いものとなるであろう」 と述べるのである。

現代人の科学的な考え方から見ると、このような生まれ方は不可能であろうと思われるかもしれませんが、この話は化学的な現実よりも宗教的な真実を表しています。

            科学的な現実は目で見えるもの、耳で聞こえるもの、手で触るものなど物理的に計られるものに基づいています。その見方からすると、私の命はこの体から生まれた時に始まり、死ぬ時に終わるとなり、その考え方は計り知られるものに限られている。

Continue reading “尊い命”

Hanamatsuri Buddha’s Birthday Service

April 10, 2022

Guest Speaker

Rev. Dr. Hoshu Matsubayashi

Buddhist Churches of America

Minister Emeritus

御講師

松林芳秀先生

浄土真宗本願寺派北米開教区

名誉開教使

We warmly welcome you to join us in person at the San Mateo Buddhist Temple or from the safety and comfort of your own home via Zoom Meeting for our Hanamatsuri Service on Sunday, April 10, 2022 at 9:30 a.m. in celebration of Siddhartha Gautama’s Birthday.

If you would like to attend the service in person, please reply to this email or call (650) 342-2541 to reserve a seat. Proof of full Covid-19 vaccination is required. A maximum of 36 in-person attendees will be allowed in the Hondo, so please contact us at your earliest convenience if you wish to attend.  Please do not come to the temple without registering in advance.

2022年4月10日の9時30分から灌仏会(花祭)をお勤めします。

本堂で御参拝する方は事前登録が必要ですので、メール
smbt@sanmateobuddhisttemple.org 、又はお電話(650) 342-2541でご連絡をお願いいたします。4月10日に本堂でのお参りに参拝ご希望の方は新型コロナウイルスのワクチン接種を完了された方に限り36名まで枠がありますので、お早めにご連絡をお願いいたします。

尚、今まで通り、オンラインや電話を通しての春季彼岸会参拝も可能です。

Schedule
8:30 a.m. Shoshinge Gyōfu Chanting
9:00 a.m. Hula dance lesson with Stephanie Hagio Chin
9:30 a.m. Hanamatsuri Service with Dharma talk by Rev. Hoshu Matsubayashi
10:30 a.m. Japanese Dharma Talk 日本語法話 松林芳秀先生

To join us for this online Spring Ohigan Service, CLICK HERE to sign up for “Live Broadcast of Services”.

ご参拝したい方はここにクリックして、”Live Broadcast of Services”に登録してください。