阿弥陀仏の薬

我が家には小学校とプリスクールに通う三人の子供がいて、この季節になると次々と誰かが熱を出したり、咳をし始めます。釈迦様が生老病死の四苦は誰も逃れることはできないとおっしゃったように、病気になることは人生の一部として受け入れるしかありません。とは言うものの、私たちは病気になると、症状を軽くするため、そして早く元気になるために薬を飲みます。また、病気やその症状がひどくならないように病気になる前に飲む薬もあります。そして、どの薬を飲んだ方がいいか知りたいときにはお医者さんにアドバイスを求めたりします。

仏様はよく良い医者に例えられます。良いお医者さんが病気を徹底的に調べた上で適切な薬を与えるのと同じように、仏様は皆の悩みを深く理解して、適切な教えを説かれます。良い医者がまず何の病気かを調べるのと同じように、仏様は人間の苦しみの様子を見つめ、生老病死の四つを見極められました。次に、良い医者が病気の原因を調べるのと同じように、仏様は人間が執着しがちなむさぼり・いかり・おろかさの三毒の煩悩が正しい判断や行いを迷わせ私たちを苦しめるという現実を見極められました。そして、良い医者が理想の健康状態を勧めるのと同じように、仏様はさとりという煩悩から解放された心の状態を勧めて下さいます。また、良い医者が適切な薬や治療法を与えると同じように、仏様はさとりに至る道を明らかにする教えを説かれています。

医者からいただく薬は錠剤であったり、または注射だったりします。病気に罹ってから飲む薬もあれば、病気が深刻になる前に服用または投与される予防薬もあります。例えばワクチンがその一つです。ワクチンを打っていても病気に感染することもありますが、ワクチンを打った人の免疫の働きは通常打っていない人のものよりも強いため、病気に罹った時の症状があまり深刻になりません。

仏様から見ると人間の根本的な病気は苦しみであって、その病気を治療する薬が「仏法」という真実の教えになります。仏法という薬は仏様が説かれた教えを聞いて信じることによっていただくお薬です。時折、悩みや悲しみが深刻になってから初めて仏法を聴こうと求めてくる方もおられます。この場合はそういった方々の悩みや悲しみが仏様の安らぎに出会う尊いご縁となっている訳です。ワクチンが体の免疫を強くすると同じように、日頃から仏法を聴かれている方は悲しみや悩みにあったとしても、仏様の智慧を心の拠り所として強く生きる力をいただくことが出来るでしょう。親鸞聖人は阿弥陀仏の薬をいただくことについて次の言葉を述べられています。

そもそもみなさんは、 かつては阿弥陀仏の本願も知らず、 その(みょう)(ごう)を称えることもありませんでしたが、 釈尊と阿弥陀仏の巧みな手だてに導かれて、 今は阿弥陀仏の本願を聞き始めるようになられたのです。 以前は()(みょう)の酒に酔って、 貪欲・瞋恚・愚痴の三毒(さんどく)ばかりを(この)んでおられましたが、 阿弥陀仏の本願を聞き始めてから、 無明の酔いも次第に醒め、 少しずつ三毒も(この)まないようになり、阿弥陀仏の薬を常に(この)むようになっておられるのです。

(『親鸞聖人御消息』現代語訳9頁)

「阿弥陀仏の薬を常に(この)む」ということは、これまで自分の人生を振り回した苦しみの原因が自分の中にあるむさぼりといかりとおろかさであったということに目覚め、もうこれ以上迷わなくてよいと思えるようになり、これからは仏様の智慧に照らされた道を歩もうとすることです。人生が続く限り悩みと悲しみの時は必ず来ますが、仏法に耳を傾ければ、心安らかに生きる道を迷うことはありません。

南無阿弥陀仏

お陰様で続ける

20代の頃の私は、やるべき事を速く終わらせていち早く次の課題に移ることに楽しみを感じていましたが、40代に入った今は長く継続して行えるアクティビティをよりありがたく思うようになりました。というのも、私は20代後半、宮崎県に住んでいて、その時に趣味として自転車を乗り始めました。ほぼ毎朝早起きをして、仕事が始まる前に海岸沿いを一時間ほど自転車で走っていました。その頃の私は、速く目的地について、速く帰ってきて、速くご飯を食べて、速くシャワーを浴びて、出勤時刻に間に合うように速く通勤することを楽しいと思っていました。そして、そのような忙しい日々を送っていた頃の私は、とにかく短い時間の中で出来るだけ多くのことをこなそうと、物事を早く終わらせるための自分の努力ばかりに意識が向いてしまっていました。

Continue reading “お陰様で続ける”

サンマテオ仏教会は開いています!

ダーマスクールの新学期も始まり、サンマテオ仏教会は皆様の参拝のために毎週開いています。幅広い年齢のご門徒さんたちが本堂に集まって一緒にお参りをする姿を見ると改めてお寺の有り難さを深く感じます。お寺というのは同じお念仏を喜ぶ仲間が集まり、嬉しいことがある時には一緒に喜び、悲しいことがある時には共に悲しむとても尊い場所です。

お参りが始まる前にお寺に来られる方は、まずお焼香してお香の香りを楽しみ、お内陣を眺めながら心静かに座って一週間の出来事などを顧みながら喚鍾の音を待つことができます。また、お参りが終わった後は、本堂の中通路を並んでお焼香する順番を待つ他の参拝者の方々に挨拶をしたり楽しい会話をすることができます。

お参りの後に時間に余裕がある時には、お寺に残って、ダーマルームや駐車場でその日の法話の味わいを話し合ったり、最近悩んでいることを相談したりすることもできるでしょう。また、今まで話したことのなかった参拝者の方と会話をして、共通点を見つけることもあるでしょう。そのことで共通の話題についての情報やアドバイスをシェアすることもできますし、共通点を通して自分のことを理解してくれる仲間が一人増えたことで楽しみと安心感も増すでしょう。

まじめな話ばかりをするのではなく、日常生活や趣味の話しをするのもいいでしょう。好きなスポーツチームの成功や失敗を語り合うことで、共感してくれる仲間に改めて親近感や有り難さを感じるでしょう。釣りやガーデニングのテクニークやコツについての会話が弾めば、生き物の命への理解がさらに深められるでしょう。

なんとか頑張ってお参りとダーマスクールの間、座って参拝してくれた子供たちはだいたい帰る前にお寺中を走り回ることを楽しみます。ステージもあって階段もあって、大人達に「気をつけて〜」と言われながら、友達と一緒に想像力を生かして体を動かすゲームを色々考え出します。子供の時にお寺で知り合う友達が一生の法友になることもよくあります。年齢や学校が違っても、仏様が育てる尊い空間の中で知り合うので、子供たちの間に特別な絆が生まれます。

中には毎週お寺に来ることができない方や家族もいるので、これからもオンライン中継でのお参りも並行して続けていく予定です。オンライン参拝によって新しいお参りの可能性が開けたことは本当に有り難いと思います。

このようにお寺にお参りすることについて、『蓮如上人御一代記聞書』に次の言葉があります。

「一日のたしなみとしては、 朝の勤行をおこたらないようにと心がけるべきである。 一月のたしなみとしては、 必ず一度は、 親鸞聖人の御影像が安置されている近くの寺へ参詣しようと心がけるべきである。 一年のたしなみとしては、 必ず一度は、 ご本山へ参詣しようと心がけるべきである」

(現代語訳 46章)

お念仏を喜ぶ仲間と声を出して共にお経を唱えることで、仏様の言葉がさらに心に響いてきます。他の参拝者と共に阿弥陀如来の御本尊や親鸞聖人の御影像の前に肩を並べて座ることによって、悟りの世界に向かって共に人生を歩んでいく仲間の存在を実感し、同時に心強くなれます。これからもお寺で皆様のお念仏の声を聞けることを楽しみにしています。

南無阿弥陀仏

世話をして世話になる

夏の終わりが近づくとまもなく秋の彼岸を迎えます。このお彼岸の季節に、私たちはあらためて、仏様の大慈悲を心のよりどころにし、これまでの人生を支えてくださったご縁を省みながら智慧の光が照らす安楽国への道の方角を確認します。

今年の夏休みに私は家族を連れてアイオワ州にある介護施設で暮らす祖母に会いに行きました。訪ねた日はとても元気で、私がまだ聞いたことがなかった彼女が生まれ育ったカンザスシティの都会での暮らしや思い出、そして祖父と結婚した後に移ったアイオワ州の田舎にある畜産農業を営む祖父の実家での暮らしに慣れるまでの経験を色々と聞かせてくれました。

祖母はカンザスシティの都会で暮らしている間、まさか将来自分が農家の人と結婚して農場に住むとは全く想像していなかったそうです。祖父は当時、航空整備学校で学ぶためにカンザスシティに引っ越して来ていて、祖母に出会った時はトランスワールド航空会社で航空整備士として働いていました。祖父は七人兄妹の一人息子で、姉妹たちはまだ結婚していなかったので、代々守ってきた農家の後を継ぐのは彼の責任でした。

祖母は、農家の生活は都会の暮らしのように楽なものではなかったと言います。農家に住み始めた頃は、家の中ではなく畑や家畜小屋で働くことの方が多かったようですが、畜産農業の運営が落ち着いてくると農家に働きに来る人たちが増えてきたため、今度は祖母は皆の食事を作る担当になりました。料理の材料を作るためにも野菜畑をどんどん増やさないといけなかったので、ある時は作物畑の端のスペースにも野菜を植えたこともあったそうです。農家の仕事は肉体労働のため、食時の時になると皆はとてもお腹が空いていて、食卓の上に置いた料理だけでは足りず、もっと用意して玄関にあったテーブルの上にも食べ物を置いて食べさせていたそうです。

私の母は七人兄妹の長女で弟が三人、妹が三人いたので、祖母にとって七人の子供を育てるのも大切な仕事でした。子供たちは自分たちで育てて良い牛や鶏などの家畜を与えられ、それらを自分たちで世話をすることで、家畜を売った時の利益が子供たちの小遣いになりました。家族が住んでいた農家の寝室は全て二階にあり、祖父母の部屋と洗面場を繋ぐ廊下はその間にある子供部屋の中を突き通っており、僕の叔父たちは子供の頃よく夜遅くまで騒いでいたそうですが、翌朝早朝から農場の仕事に出ないといけない祖父母は子供が起きないようにそっと出て行くのもお構いなしだったと祖母は笑いながら語ってくれました。

祖母の思い出話を聞きながら、祖母が広い心で色々苦労をしながらも農家を営みつつ家族を大切に育ててくれたおかげで、私が今日ここに生かさせていただいているのだとあらためて祖母への感謝の気持ちが込み上げてきました。祖母はこれまで長年たくさんの人のお世話をしてきました。そしてここ数年になってからは、私の母と叔父叔母が少しずつ祖母の世話をするようになってきました。常に移り変わる人生の中で、お世話をすることとお世話になることの関係性から見えてくる命の繋がりのありがたさを深く感じます。

祖母が都会から田舎の農家に嫁ぎ、私の母を育て、家族のための苦労がなければ、私は今ここに生かされていませんでした。同じように、阿弥陀如来が私を救う本願を誓ってくださっていなければ、私が安楽国に至ることもできません。親鸞聖人はこれを正像末和讃(98)に次のように述べられています。

如来(にょらい)願船(がんせん)いまさずは

()(かい)をいかでかわたるべき

阿弥陀仏の本願の船がなかったなら、

苦しみに満ちた迷いの海をどうして渡ることができるであろう。

南無阿弥陀仏

歓喜会

8月に行う盂蘭盆会(お盆)はお釈迦様が目連尊者という仏弟子に説かれた布施(ほどこし)についての教えに基づく法要です。目連尊者は自分の母親が亡くなった後、餓鬼道という欲が多く、満足する事のない苦しい世界に落ちていることを見てすぐにお釈迦様のところへ行き、どうすれば母親を救うことが出来るか尋ねました。お釈迦様は目連尊者に僧侶の仲間に食べ物や衣等のお布施をするよう説かれました。そして、お布施をした後、母親が餓鬼道から開放された様子を見た目連尊者はとても喜びました。

Continue reading “歓喜会”

甘味と苦味

先月、友達と一緒にサンマテオ・カウンティ・フェアに行って帰ってきた長男に、「何か美味しいものを食べた?」と聞くと、「うん、コットンキャンディーを食べた!」との答えでした。コットンキャンディーの味は甘さそのもので、私も子供の時は好きでしたが、私がこの間久しぶりにコットンキャンディーを食べると、あまりの甘さにびっくりしてしまいました。私が子供の時の好きだった食べ物も、とっても甘いものかとっても塩辛いものが多かった記憶がありますが、この歳になるとようやく色々な味が楽しめるようになってきたように思えます。

Continue reading “甘味と苦味”

心の休め方

6月に入ると学年も終わって、いよいよ夏休みを迎えます。夏休みを目前にして、学生らは一年間の学習をまとめた試験や大きいプロジェクトを頑張って終えないといけません。この季節になると私は自分の大学時代が懐かしく思えて、ラーソン先生という日本語を教えていただいた教授のことを思い出します。ラーソン先生は期末試験が終わると「皆さん、お疲れ様でした。よく頑張りました。出来れば今年習ったことを忘れないように、夏休み中に少し日本語に触れ合った方がいいですが、来週までは日本語教科書を開けずに、ゆっくり休んでください。」とおっしゃっていました。一つの仕事を終わらせたら、休むことが大切です。休みながら今までに達成したことを振り返られるし、その後に何をすべきなのかも考えられるからです。

Continue reading “心の休め方”

親子のご縁

5月に宗祖親鸞聖人のご誕生を祝う降誕会(ごたんえ)を行います。降誕会では、親鸞聖人の子供の頃を描いた銅像を本堂に置いて、親鸞聖人が子供であった頃を思い浮べたいと思います。5月は母の日もありますので、母親へのご恩にも感謝する時です。降誕会と母の日が同じ5月というわけで、ここに親子のご縁を考えさせられます。ただここに言う親という存在は生物的な父母に限っているわけではありません。祖父母、学校の先生、スポーツのコーチ、仕事の上司等さまざまなご縁に親子関係が見えてきます。

親鸞聖人は幼い時にお母さんと離れ離れになったと伝えられており、その後、九歳の時に得度をして出家されました。親鸞聖人がお父さんとお母さんと共に暮らした時間は短いものでしたが、自分の心の中に「親様」としての存在は大きかったようで、『高僧和讃』には次のお言葉があります。

Continue reading “親子のご縁”

尊い命

4月は花まつりの法要をお勤めします。花まつりというのは2,645年前にネパールにあるルンビニーの花園でお生まれになったゴータマ・シダッタのご誕生をお祝いする日です。仏陀になることを目指し何回も生まれ変わり、ずっと修行してこられた人を菩薩と言います。この仏陀になられる菩薩の誕生については『仏説無量寿経』に次のように述べられています。

右の脇から生れて七歩歩き、 その身は光明に輝いて、 ひろくすべての世界を照らし、 数限りない仏の国土はさまざまに震動する。 そこで、 菩薩自身が声高らかに、「わたしこそは、 この世においてこの上なく尊いものとなるであろう」 と述べるのである。

現代人の科学的な考え方から見ると、このような生まれ方は不可能であろうと思われるかもしれませんが、この話は化学的な現実よりも宗教的な真実を表しています。

            科学的な現実は目で見えるもの、耳で聞こえるもの、手で触るものなど物理的に計られるものに基づいています。その見方からすると、私の命はこの体から生まれた時に始まり、死ぬ時に終わるとなり、その考え方は計り知られるものに限られている。

Continue reading “尊い命”

仏様が見る私

コロナ禍が私たちの日常生活に大きく影響し始めてから今年三月でちょうど2年が経ちました。お寺の行事、家族の集まり、友達との関係など色々な面で生活に影響が出ましたが、今振り返ってみると、子供たちが学校に行くことが出来ず、一年以上続いた家でのディスタンスラーニングが一番のチャレンジだったような気がします。自分の仕事、そして家の事や三男の相手をしながら、子供のオンライン学習のサポートもしなければならず自分の力の限界にぶつかることが多々ありました。子供がやる気がなくてもやらないといけない勉強をさせて、やりたくてもやってはいけないいたずらをさせないという管理は日々の課題でした。

Continue reading “仏様が見る私”