松竹梅

まさに異例であった2020年がようやく終わりを迎え、2021年を新たに迎えるにあたって、家に門松やしめ飾りなどの正月飾りをされているご門徒さんもおられると思います。正月飾りに使われる松、竹、梅は、日本ではお祝いの場面でよく登場します。この松竹梅ですが、我が家にあった『「和」の行事えほん』(高野紀子 作)によると次の説明がありました。

松竹梅(しょうちくばい)は「歳寒三友(としかんさんゆう)」ともいわれ、「冬の寒さにたえるたくましい三本の木」という意味があります。

松は、冬も青々としていることから、竹は、雪の重さにも折れないしなやかさから、梅は、早くさいて春のおとずれを知らせる、ということから、めでたい木の代表となりました。(41頁)

Continue reading “松竹梅”

暗闇にも智慧の光明あり

最近めっきり日が短くなり、ベイエリアにも曇った日が増えきて、いよいよ冬の暗闇がやってきたなと感じています。世界中の人々は、特にこの暗闇の時間が長くなる冬の季節に、聖なる教えに説かれてある智慧に目を向ける傾向にあるように思います。日本仏教の各宗派において12月は釈迦牟尼仏が菩提樹の下で悟りを開いたことをお祝いする月であり、日々私たちが人生のよりどころとしているお釈迦さまの智慧の光の有り難さをあらためて認識することができます。

新型コロナウイルスが世界中に急増している今年の冬は、空だけが暗くなっているのではなく、私の心も暗くなってしまう時があります。年末年始が近づいてくると、家族や友達を家に招いて一緒に楽しい時間を過ごしたいという欲が心に浮かんできます。ここ数年はお正月に友達家族数軒を呼んで、ダイニングテーブルの周りにぎゅうぎゅうに座ってわいわい笑ったりしゃべったりするのが恒例になっていました。この時は家中に賑やかな話し声と子供達の楽しそうな遊び声が響きます。子供たちは食べることよりも遊びに夢中ですが、たまにテーブルのところには来て好きな食べ物をつまむ姿は可愛いものがあります。

今年の春、コロナウイルスの影響で生活が一転してしまった時、私は、きっと年末までには普通の生活に戻るだろうと事態を甘くみていました。いくつかの国では感染がだいぶ落ち着いてきているようですが、感染が激増しているアメリカの現状を見ると腹が立って事態を誰かのせいにしたくなる時があります。

私自身や家族がウイルスにかかることが怖くて、買い物の際、お店を出る時はしっかり手を消毒しますが、お店に入る前にも同じように気をつけているでしょうか。私は人からバイ菌をもらう危険はよく意識していますが、自分もバイ菌を振りまいている可能性があることを意識していない時があります。これこそ無知(無明)と言えます。

欲・怒り・無知、この三つは仏様の教えにおいて、三垢もしくは三毒の煩悩と言われています。そして仏様の教えにおいて、この三垢は苦しみの原因とされています。欲・怒り・無知の深みに沈めば沈むほど、自分が住んでいる世界が暗くなります。

お釈迦様の言葉が書き示されている『仏説無量寿経』に、すべての人々は阿弥陀如来の名号(南無阿弥陀仏)を聞くことにより仏様の智慧に出会うことが出来ると説かれてあります。そして、この南無阿弥陀仏とは「はかり知れない智慧と慈悲の光を与えてくださる阿弥陀如来を拠り所にする」という意味で、『仏説無量寿経』には「この光明に照らされるものは、 煩悩が消え去って身も心も和らぎ、 喜びに満ちあふれて善い心が生れる。」と説かれてあります。(『浄土真宗聖典 浄土三部経 現代語訳』50〜51頁)

ここで言う「身を和らげる」とは、すべての人々のために慣れない事情にも嫌がらずに順応できる力と言えるでしょう。例えて言うと、コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、冬休み中に動物園に出掛ける時はマスクをつけたまま何時間も歩き回ることを覚悟しておくこと、年末年始に友人に会う時は暖かいけれど家の中で大勢で集まることは避けて屋外で少人数で集まる方が感染の確率が低いと意識することで、多少寒くて雨っぽい日でも友達家族一軒だけとの公園でのピクニックに決めることも、身を和らげた行為といえるでしょう。

穏やかな心とは、融通が効かない自己中心的な考えから解放されて、他人の苦しみを思いやる余裕のある心とも言えるでしょう。例年通りであれば、年末年始の集いの多くなるこの時期ですが、コロナウイルスにかかって苦しんでいる人達やコロナウイルスの拡散を遅らせるための対策の影響によって失業し困っている人達がいることにも心を向けられる穏やかな心を持ち続けたいものです。

親鸞聖人は、お釈迦さまは欲・怒り・無知の暗闇に沈んでいる私たちを阿弥陀如来の智慧の光明へと導くためにこの世に現れたと書き示されています。異例の事態となった暗黒な2020年ももうすぐ終わろうとしていますが、すべての人々が智慧の光明に導かれ、心身ともに穏やかに過ごせますように願っております。

南無阿弥陀仏

コロナウイルス大流行の中にも感謝

この記事を書いている今、アダムス小学校は秋休み中です。8月半ばから新学期が始まったものの、新型コロナウイルスの感染拡大防止のために、引き続き自宅でリモート学習が行われています。子供たちは平日、テレビ電話で授業を受け、パソコン上で課題をしたり、手書きした課題を写真に撮ってクラスルームウェブサイトに提出したりする日々の繰り返しでしたが、今週はしばし勉強から開放されて、のびのび庭で侍ごっこをしたり、州立公園でハイキングや川遊びを楽しんだり、ビーチに行ったりしてとてもリフレッシュできました。

おかげさまで家族全員は健康ですし、幸い私たちが住んでいるエリアは最近アメリカで頻繁に発生しているハリケーンや山火事を心配しないでいいのでありがたい事だと分かっていながらも、新型コロナウイルス感染拡大防止ための方針に真面目に従いながら、日常生活を送るのにだんだん疲れてきているのも正直なことろです。今年は、毎年子供たちが楽しみにしているトリック・オア・トリートがないハロウィーンや、家族や友達らと楽しく集うことが出来ないサンクスギビングやお正月を考えますと、気分が沈んで、感謝の気持ちがなかなか起きてこない時もあります。

このように今年は皆の安全のために色々な楽しい行事が中止になったり、皆さんが好きな色々なアクティビティができなくなってはいますが、それでも今まで通りに郵便物やパッケージは無事に届き、ゴミも時間通りに回収され、子供の教育も継続され、私たちの食卓に並ぶ農作物が収穫され、スーパーマーケットも毎日営業されています。これら社会の基本的な動きが続けられているのも多くの方々がこの大変な事情の中でも頑張って働いてくださっているからです。そして、それら私たちのために働いてくれている方々の中には仕事の危険さの割合に対して安い給料で働いている方も少なくありません。サンマテオ郡の衛生局長モロー・スコット医師はこの事実について、次のように述べられています。

最近新型コロナウイルスに感染されている患者の大部分は、私たちを食べさせたり、私たちの家に電気を巡らせたり、ゴミの回収をするため最前線で働いてくれている方々です。そして、その人たちの多くは狭い家に多世代大人数で暮らしており、政府に対しての信頼がなく、むしろ政府を怖がっています。この非常に広まりやすいウイルスの流行を防ぐために、感染者は外出をせずに、仕事も休んで、隔離される必要があります。しかし、感染者が一家の稼ぎ手で、もし仕事に行かなければ家賃を払えなくなり住むところがなくなり、家族を養えなくなる場合には感染者の隔離を守ることは難しくなるでしょう。

このように最前線で働いてくれている方々だけでなく、その家族らもこの疫病の矢面に立たされているのです。

新型コロナウイルスの流行が始まった時点から、医療従事者はこれまでずっと勇敢に感染者の治療を続けてくれています。これら医療従事者らは命懸けで患者のケアを行い、ウイルスの研究をして、正しい情報を伝えようと日々尽力されています。中国湖北省武漢市にある武漢市中心医院に勤務していた医師李文亮(りぶんりょう)氏は昨年12月30日にこのウイルスの危険さについて他の医師らに警告しましたが、その後、彼自身もウイルスに感染し、2月7日に亡くなられました。

ウイルスの流行を防ぐための方針を守ることは、私たちのために最前線で働いてくれている方々への感謝を表す方法の一つです。その方針を守る方法としてまず推奨されている、出掛ける際にはいつもマスクを着用すること、そして人との距離を6フィート(2メートル)保つことを実践、そして継続するためには、他人に対しての思いやりや注意力、努力などの功徳が身についていないと難しいかもしれません。仏様はその功徳を成就するためには自己中心的な考え方を手放す必要があると説かれています。

自己中心的な考え方を手放すというのは、「こんなにたくさんのルールを守るのは面倒臭い」といった自分が中心の考え方から「多くの方々が私の命を支えて下さっている」といった自分の周りの人たちや物事を中心とした考え方に転回するということです。このように考え方を転回出来た時、私たちの心の中に感謝の扉が開き、私たちは常に仏様の智慧に照らされていることに気づくことが出来るのです。マスクを着用して、私もここに感謝の念仏を申します。 南無阿弥陀仏

片手かけたり

              サンマテオ仏教会では毎年10月上旬にペット・植物追悼法要を行います。これは可愛がっていたペットを偲んだり、仏前にお供えする花々をはじめ、私たちの命を支えてくれている植物の命に対しての感謝の気持ちを表すためのお参りです。今年の法要は2020年10月4日の9時半からオンラインで予定されています。

              仏前にお供えする花々は、私たちの人生の導きとなる仏様の教えへの感謝の気持ちを表しています。新鮮で元気な状態でお供えする花々は日が経つにつれ枯れたり、散ったりすることによって、全ての命は無常であることを教えてくれているのです。

              ペットを飼っている方の中には、そのペットに対して家族のような愛情を持っている方が少なくないでしょう。そのため、ペットと別れる時の悲しみと寂しさは深いに違いありません。このように命が無常であることに気づかされるその時こそ、仏様の教えに耳を傾けるご縁の時であり、私たちが今日ここに生かされていることは誠に不可思議で大変有り難いことだと改めて実感することができるのです。

              昨年のある日、息子たちが家に飛び入ってきて、「お母さん!お父さん!早く来て!大きいカマキリが裏庭にいるよ!」と興奮して言うので、それまで野生のカマキリを見たことなかった私は、カマキリを是非見たいと思い、急いで息子たちの後について裏庭に行きました。庭に出ると、10センチくらいのとても大きいカマキリがパティオにいました。これまで見たカマキリの中で一番大きいカマキリが自分の庭にいたことに私はとても感動しました。

              実はその野生のカマキリを裏庭で見つけた数年前の三月頃、私たち家族はナーサリーで長男が見つけた容器に二つ入っているカマキリの卵しょうを買って家で育ててみることにしました。私はカマキリが孵化すれば、私たちが庭で育てている野菜を食べる虫を減らしてくれる便利なペットになるだろうと思っていました。そして約一週間後に、その卵しょうから孵化した何百匹もの極小のカマキリ達が一斉に出てきました。孵化した後すぐに裏庭の茂みに放しましたが、カマキリ達は共食いをしたり、鳥に食べられたりして、残念ながらその数はすぐに激減してしまいました。初夏の時点で、もう庭でカマキリの姿を見るのが珍しくなっていました。そして最後に見かけたのは6月で、長さ3センチメートルぐらいのものが一匹だけでした。

              カマキリが孵化した時のその小ささとその命のはかなさを見た後で、長さ10センチものカマキリが自分の庭に現れたのはどれほど不可思議なことかと私は実感しました。この時私は、お念仏を喜んでいた小林一茶の次の俳句を思い出しました。

蟷螂(とうろう)片手(かたて)かけたりつり(がね)

私たちは人生の中で無常の風が常に吹いていることに気づかされる時があります。毎日安全で安定した暮らしをするために頑張っているにもかかわらず、実はその命はつり鐘に片手でかかっている蟷螂(かまきり)のようにはかないものなのです。

私は仏様が説く諸行無常を、今年の新型コロナウイルス、そしてこの9月上旬に始まった西海岸に広まっていた記録的な山火事で改めて気づかされました。今の世の中に生きるのは大変ですが、命が無常であることに気づき、仏法に耳を傾けるご縁に恵まれたことに心から感謝します。親鸞聖人の「教行信証」に次の言葉があります。

今、人として生まれたとことを考えると、それは実に得がたいことである。

このことは、たとえば、優曇華がはじめて咲くようなものである。

今まさに、聞きがたい浄土の教えを聞く縁に会うことができた。

今まさに、念仏の教えが説き開かれるときに会うことができた。

(浄土真宗聖典『顕浄土真実教行証文類』現代語訳 82頁)

今日、私たちがここに生かされているのは誠に不思議なご縁です。私たちはこの尊い命をどう過ごせばよいでしょうか?私はお念仏の教えに耳を傾け、ただ南無阿弥陀仏を申します。

南無阿弥陀仏

立ち上がっていく力

毎年、盂蘭盆会と初盆法要の時期を迎えるたびに、別れの悲しさの中にも安らぎを与えてくれるお念仏の力に気づかされます。毎年、サンマテオ仏教会のお盆の行事が終わると、もうその次の週に私の息子達の学校が始まるので、私にとってお盆が終わると夏が終わったという気持ちになります。異例の今年の夏は、初盆法要の後片付けをしながら、新型コロナウイルスが終わったらお供えのおまんじゅうをいつか皆で食べるために取っておこうと思い、久しぶりに仏教会の冷凍庫を開いてみると、大量のハンバーガーパティが入っていて、毎年の仏教会の夏のピックニックの時に食べるハンバーガーの美味しさを思い出して、今年の夏に出来なかった仏教会の行事が次々と思い浮かんできました。私にとって夏の始まりであるバザー、仏教婦人会が七月に行うコルマ日本人共同墓地のお墓参り、そのお墓参りの後のサウスサンフランシスコのデニーズレストランでの婦人会の方たちとのブランチ、四年ぶりに企画していた家族との日本旅行、仏教会のサマー寺子屋、盆踊りの練習の時に食べるスパムむすび、仏教会の本堂が満堂になる盂蘭盆、そして、初盆の参拝者の方々と一緒に唱えるお経の響きの全ては、残念ながら今年の夏は経験することが出来ませんでした。

今年の初盆法要の際、私は先亡者のお名前を聞きながら、その方々との思い出と仏教会の夏の行事の思い出とが重なり次々と思い出されました。同時に、楽しみにしていた夏の行事が全て出来なかったことに対しての悲しさや虚しさを感じもしました。愛別離苦(愛している人や物事から離れる苦しみ)というのは皆が必ず会う八つの苦しみのうちの一つであり、それは、釈迦牟尼仏が悟りを開いた後、初めて説教された時に説かれた四諦の教えに詳しく述べられてあります。釈迦様の教えは私たちが苦しみから解放されるために説かれた教えであり、お盆、初盆、お彼岸などの大法要の際に仏様の智慧の光を仰ぐことによって、悲しみや苦しみの中にも安らぎをいただくことが出来ます。現状では、テレビ電話や電話でのお参りが主で最も安全な方法で以前のお参りと異なりますが、それでもこのお盆の季節に心に安らぎを与えてくれる有難いご縁の一つになったと言えるでしょう。

不急不要外出禁止令が初めて発表されたのは今年の3月の春季彼岸会の直前でした。それから半年経つ2020年9月20日(日曜日)に、秋季彼岸会をオンラインにてお勤め致しますが、今年の春と秋の彼岸の間の生活はずっと新型コロナウイルスに大きく影響されるものとなってしまいました。仏教において、彼岸はこの苦しみの世界(此岸)から仏様の悟りの世界(彼岸)に渡るという意味を表しています。先月8月の盂蘭盆会の際、桑原浄信先生はお念仏によって仏様の悟りの世界が私たちに働きかけてくれることについてお盆のご法話をしてくださり、「念仏もうすところに立ち上がっていく力が与えられる。」という西元宗助先生のありがたい言葉を紹介してくださいました。仏様が苦しんでいる私たちを救いたいというお心は南無阿弥陀仏という形になり、今日の私たちにまで届いて安心を与えてくださっているのです。

新型コロナウイルスの緊急状態もいつか終わる時が来るでしょう。形は多少変わるかもしれませんが、仏教会のありがたい行事もいつか必ず戻ってきます。その時はお念仏の仲間と共に立ち上がっていくことを楽しみにしています。ツインシティズの土屋トッド先生(歌詞)とサクラメント別院の水島コウイチさん(出演)が「ハミルトン」というミュージカルに基づいて製作したパロディーのYouTubeビデオにそのお念仏申すところに立ち上がっていく力が表現されています。土屋先生が書かれたその歌詞の翻訳は次の通りです。

私たちは今度会う時に、きっと笑う

我慢したことは価値があったからだ

以前に大変なことは色々あったにもかかわらず

私たちの仏教会はまた立ち上がってきたのは

無量の慈悲のお陰であったのです。

南無阿弥陀、南無阿弥陀仏

ただ念仏を申すのが良い

南無阿弥陀仏

帰省

日本では、通常、お盆の時期は多くの人たちが実家に帰省するため一年の中で交通量が最も忙しくなる時期の一つです。毎年この時期は、サンマテオ仏教会でも多くの方が盆踊りの練習や盆踊りのために一年ぶりに仏教会に来てサンガとの絆を大切にします。毎年の初盆法要では、前年のお盆以降に往生された方々を偲ぶため、遠方からお参りに来られるご家族らもおられ、多くの方がご参拝に来られます。残念ながら今年の初盆は、新型コロナウイルスの感染を防ぐために仏教会に集まることが出来ませんが、その代わりに8月9日(日曜日)にオンラインと電話で盂蘭盆及び初盆法要を行います。この異例の今年のお盆の迎え方は、この時期の帰省の意義を考えさせてくれます。

盂蘭盆会(お盆)という仏教の行事は釈迦様とその弟子の目犍連尊者の話に基づいていると言われています。目犍連尊者は母親へのご恩の気持ちが深く、

Continue reading “帰省”

ただ心から念仏するのがよい

            三月から私たちの生活に大きな影響を与えてきた不要不急の外出禁止要請がこの一ヶ月で少しずつ緩んできました。 いろいろな店が前もって注文した商品をカーブサイドでピックアップ出来るサービスを行うようになり、レストランも外にある席なら座って食事ができるようになりました。 私たちの近所の屋外プールも開きましたが、 新しいルールがたくさん決められました。 例えば、 水に入っていない時は必ずマスクをつけることとプール用のおもちゃは使えないこと。 いつもあるはずのプールサイドのイスやテーブルは全て撤去され、 その代わりに2メートルずつ一つの家族が荷物を置けるスペースが赤いテープで示されてあるだけなので、 もしプールのそばにゆっくり座りたければ、 各々自分の家から椅子を持参して下さいとの決まりになりました。

      サンマテオ郡でもお寺や教会に対して新しい規則が発表されたため、「いつまた本堂で参りが出来るでしょうか」という問い合わせが何度かありました。サンマテオ郡の衛生局長モロー・スコット医師はお寺や教会に対しての規則を発表した際、全郡の聖職者への手紙を書いて自分の考えを示されました。彼は手紙の一部で次のように述べられています。「皆さんとその信者に分かってほしいことがあります。宗教的な集まりが許されている理由には、そういった集まりが安全だからということではありません。実は、何人の集まりであっても、集まることは安全だと思いません。」その後、モロー医師は聖職者のためのタウンホール・ミーティングを開かれました。

モロー医師の説明によれば、不要不急の外出禁止要請の協力のお陰で幸い患者が急増することなく、病院のベッドが不足する事態もおきませんでしたが、新型コロナウイルスの感染はまだサンマテオ郡に普及しているのが現状とのことです。先日にサンフランシスコ・クロニクル新聞に出た記事によると確かにサンマテオ郡が外出禁止要請を5月18日に緩め始めた頃から、新しい感染者数は31.5%増加しています。最近「新型コロナウイルスの最も危ない時期はもう終わった。」という意見をよく聞きますが、それについてカリフォルニア大学サンフランシスコ校舎大学病院(UCSF)の感染病の専門家ジョージラザフォード医師は別の新聞の記事にて次のように述べてられています。「このウイルスはラジオのニュースも聞かないし、新聞も読まないし、C N N のテレビニュースもみ見ません。このウイルスは繁殖するだけが存在の目的です。」

            聖職者のためのタウンホールの際、モロー医師はもしお寺や教会が集まろうとすれば、その危険性を十分に参加者に発表する必要があると述べ、次の方針を発表されました。建物の中よりなるべく外に集まった方が安全です。50歳以上の方は集まりに参加すべきでない。聖職者を含め、全ての参拝者は必ずマスクをつけるべきである。共用の聖典や香合は使用すべきでない。さらにモロー医師は「となえることと歌うことは一番効率的にウイルスを広く拡散させ、たくさんの人に感染を及ぼす方法なるため、集まりの時に本当にして欲しくありません。」と述べられました。

            このようにモロー医師は、集まってお経をとなえたり讃歌を歌ったりするのは非常に危険であるため、できればインターネット中継を使ってお参りすることを勧めています。サンマテオ仏教会は今後もインターネットのテレビ電話でのお参りを続けますので、http://sanmateobuddhisttemple.org/subscribe/からサブスクライブしていただければ参拝方法の説明をお送りします。パソコンを使われない方は (650) 446-6670 に電話をかけていただければ、そのままお参りを聞くことが出来ます。この番号にはI Dやパスワードは必要ありません。

法事もテレビ電話を利用して執り行っています。一ヶ所に集まってお参りしたい場合でも、北米開教本部からの指導で49日、100日、一周忌、三回忌などの定期的な法事の日程は安全に集まることが出来るようになるまで延期可能の方針をいただいています。もしマスクをして2メートルの距離を保つことが出来れば、屋外で集まってお参りをすることは出来ますが、その場合お経をとなえる代わりに拝読するだけとなります。

            以上のようなお焼香なし、お経をとなえることなし、恩徳讃を歌うことなしのお参りのかたちを考えますと、念仏者として何の行いが必要なのかという問いが心に浮かんできます。幸い、親鸞聖人はこれについて御消息(25)にはっきりと述べられています。

往生は間違いないという思いが定まったなら、 仏のご恩に報いようとして特に何か考えなければならないことはありません。 ただ心から念仏するのがよいと思います。

私は皆でまた本堂に集まって、一緒にお焼香して、仏様の前に肩を並べてサンマテオ仏教会らしく大きな声を出してとなえることができる日を楽しみにしています。その日が来るまで、報恩の心から生まれる他力念仏を申せば他に何も考えなくてよいという親鸞聖人の教えから安心をいただきながら一瞬一瞬を大切に過ごしましょう。

南無阿弥陀仏

水入らず

              不要不急の外出禁止要請が出てから仏教会の毎月の会報の法話を書くのもこれで三回目です。 この三ヶ月間、 仏教会の仲間の頑張りのおかげで電話やテレビ電話を使って毎週日曜日のお参りや勉強会を続けることが出来ていますが、 やはり皆さんと直接仏教会で会えることを非常に恋しく思います。 仏教会の理事会が話し合った結果、 六月いっぱい全てのお参りとイベントは中止になり、 オンラインでの参拝のみとなりました。 そして、 残念ながら今年の夏のバザーも中止になってしまいました。 毎年の仏教会のバザーは大勢の仲間が共に働き、 共に楽しむ、 一年間の中で最も賑わうありがたい行事の一つです。 コロナウイルスの影響で今年の夏にバザーが実施できないのは本当に寂しいですが、その代わりに六月二十七日に皆さんがビデオ電話や電話で参加できる楽しい行事を企画しています。

新型コロナウイルスは私たちの人生に大きな影響を及ぼしていますが、同時に仲間と一箇所に集まることのありがたさをより深く感じるようにもなりました。例えば、今まで挨拶程度の浅い交友関係だった近所の人たちとも、散歩途中の6フィートの距離を保ちながらの路上での会話がとても楽しく感じられます。

このように一緒に過ごすことの大切さを再認識しながら、私は念仏者同士の深い思いやりを今まで以上にありがたく思うようになってきました。梯實圓先生は19世期頃のそのような念仏者同士の深い関係を次のように紹介されています。

あるとき[信次郎という念仏者が]京都に一蓮院という厚信の御講師がおられるときき、教化にあずかるために上京し、その住居をたずねました。

玄関で待っていますと、出てこられた一蓮院はいきなりきびしい口調で問われた。

「私にあいたいというのはその方か、なにの用があってまいられた」

「南無阿弥陀仏の六字のおいわれを聴聞つかまつりたくて参りました」

信次郎が、こう答えると一蓮院は、表情をやわらげて、

「それはよく参った。しかしそういうところをみると、今までに六字のおいわれを聞いたことがあろう。何と聞いてまいった」

「はい、南無阿弥陀仏とは、必ず救うぞ、とこのわたくしをおよびづめ、招きづめの如来さまのおよび声であって、このおおせに微塵(みじん)のまちがいもないといただいております」

この答えを聞きますと、一蓮院は、全身によろこびをあらわして、信次郎が立っている土間まで降りてきて、彼の手をとり、

「それがお六字のおいわれというものじゃ、たのむというも、信ずるというも、そのことじゃ。いいお同行がまいられた。ささ、おあがりなされ」

といって、自室に案内し、いろいろと御法談をしてくださったそうです。

(『妙好人のことば』梯實圓著 220〜221頁)

一蓮院と信次郎は共に念仏を喜んでおり、二人はありがたい関係になりました。一蓮院は晩年信次郎と一緒に暮らしており、信次郎は一蓮院の日常生活の手伝いをしながら朝も夕方もよく仏法を聴聞したということです。下記の話の続きに二人の仲の良さを見ることが出来ます。

あるとき、信次郎はよばれたので、お部屋へ伺いますと、一蓮院は一言も御用をおおせられず、ただお念仏ばかりを称えておられます。そのうちに何かおおせつけになるのだろうと待っていましたが、一向にお言葉がありません。部屋を出るに出られず、信次郎もまたお念仏をはじめると師はいよいよ声をはりあげて念仏されます。知らぬまに夜がふけて、真夜中になってしまいました。そのとき一蓮院は、ふと念仏をやめると、「信次郎、今晩は、水入らずでありがたかったのう」

といわれたそうです。

(『妙好人のことば』梯實圓著 220〜221頁)

私たちは家族や友達と一緒にいると、ついつい特別な会話やアクティビティをしないと有意義な時間にならないと思いがちです。しかし、一蓮院と信次郎のように心を開いて南無阿弥陀仏のいわれを聞けば、私の救いのためにやらないといけないことは全て阿弥陀如来が既に完成して下さっていることに気づくことが出来ます。そうすれば、仏様の大慈悲を仰ぎながら、安心して、ただ一緒にいるご縁を喜ぶことが出来ます。この大変の世の中でも、ご一緒に、お念仏に仏様の呼び声を聞きながら、心安らかに暮らしましょう。

南無阿弥陀仏

聞き合い、仏様に聞く

思えば、 先月、 私が仏教会の4月の会報用の法話を書いていた時にちょうど新型コロナウイルス対策のための不要不急の外出禁止要請が始まりました。 その時点では、 これからどうなるのだろうという不安はありましたが、 新型コロナウイルスが世界中でこんなに数多くの人々が感染するとは想像もしていませんでした。 今、 仏教会の5月の会報用の法話を書いているところですが、 今朝「新型コロナウイルスがアメリカにおける死亡原因の一位に上りそうだ」というタイトルの記事をワシントンポスト新聞で見かけました。 国内外で数多くの方々が感染し、 命を落とすケースも少なくないという現状は本当に悲しいことです。 しかしこのような不安と恐怖の中でも私たちは親鸞聖人の教えに耳を傾けることによって安心をいただくことができます。

この間、有難く読ませていただいた親鸞聖人のご消息は飢饉と疫病によってたくさんの人々が亡くなっていた時代に書かれたもので、親鸞聖人のそのお言葉を今の大変な状況の中で読みますと心に響いてくるものがあります。

何よりも、去年から今年に欠けて、 老若男女を問わず多くの人々が亡くなったことは、 本当に悲しいことです。 けれども、 命あるものは必ず死ぬという無常の道理は、 すでに釈尊が詳しくお説きになっているのですから、 驚かれるようなことではありません。

(『親鸞聖人御消息16』現代語訳)

親鸞聖人は先ず「本当に悲しいことです」と述べられます。この言葉で親鸞聖人がお別れにあった人々の悲しみをやさしく分かち合っておられるのが分かります。そして、生まれるものは必ず死に至るという無常の道理はすでに釈迦様が詳しく説かれているので、驚くようなことではありませんと述べられています。しかし、新型コロナウイルスで亡くなられた数多くの人々のこと、またこの大変な状況の中でも一生懸命患者の命を救おうと命懸けで働き続けてくれている医療従事者のことを考えると、私はどうしても驚いてしまいます。自分の幼い娘が1819年の天然痘で死別した小林一茶はつぎの句を詠んでいます。

 

露の世は露の世ながらさりながら

 

生老病死は全ての人が必ず出会う苦しみであるという釈迦様の教えを聞き、それを信じても、まだ悟りの智慧が整っていない凡夫の私にはお別れの時は悲しみと驚きの気持ちが心に満ちて溢れてきます。

では、病気と死別から逃げることが出来ないこの世の中に生きている私たちはどこから安心をいただけるのでしょうか?親鸞聖人は、阿弥陀如来による本願を信じる人は必ずお浄土に往生して苦しみから解放されるとした誓願を勧められており、私たちはこの阿弥陀如来による本願を信じること、つまり信心によって安心をいただくことができるのです。

わたし自身としては、 どのような臨終を迎えようともその善し悪しは問題になりません。 信心が定まった人は、 本願を疑う心がないので正定聚の位に定まっているのです。 だからこそ愚かで智慧のないわたしたちであっても尊い臨終を迎えるのです。

(『親鸞聖人御消息16』現代語訳)

私のように智慧のない世の中の苦しみに沈んでいる人がいるからこそ阿弥陀如来は本願を立てられました。「南無阿弥陀仏」のお名号を聞きますと生きることにも死ぬことにも恐れはいらないという安心をくださる仏様の呼び声を聞くことが出来ます。

お念仏に生かされるとは喜びの時にも悲しみの時にも仏様の呼び声を聞くということです。お念仏を共に喜ぶ仲間と共に聴聞することは大きな安心を与えてくれますが、今は不要不急の外出禁止要請によりなるべく人と会わないように規制されているので、今まで通りの聴聞はできなくなっています。それでも、仏教会の仲間と共にお念仏を喜ぶことは今も続いているのです。

この一ヶ月の不要不急の外出禁止要請の間に、仏教会の仲間は電話やEメールを使ってお互いに声を掛けたり、外出が出来ない方を助け合ったりしています。そしてテレビ電話や電話で話し合う法座に参加することによって、心配や不安を聞き合っています。お互いに不安を聞き合うことによって、仏様は全ての人の不安を聞き、皆一人ひとりに安心を与えるため本願を建立されました。お名号を聞くことによってその金剛の信心をいただくことで、大変な世の中にいても本当の安心をいただくことが出来るのです。

 

南無阿弥陀仏