西に向かって

サンマテオ仏教会に赴任する前の3年間半、私はオックスナード仏教会とサンタバーバラ仏教会を任されていました。ある日、サンタバーバラ仏教会のメンバーの方から電話があり、「馬場さんが入院しています。先生が会いに行ってあげたら喜ぶと思います。」と伝えてくれました。馬場さんは95歳の帰米の男性の方で、法要の時は必ずスーツとネックタイを着て参拝されていました。口数の少ない方でしたが、法話の時の熱心なお聴聞の姿が印象に残っています。

その当時は、我が家の長男が一歳になったばかりの頃で、まだまだ子育てしながらの生活に慣れておらず、連絡をいただいた時はその内容に少し慌てていたところでした。馬場さんの病室に入るとたくさんの医療機械がベッド脇に並んでいて、ピーピー音を出して作動していました。馬場さんは私を見ると、「先生、お忙しい中、ありがとうございます。」とすぐに挨拶をしてくれました。私は「馬場さん、どうですか?」と聞いたら、「まあ、ぼちぼちです。先生の奥様と坊やは元気ですか?」と答えてくれました。

Continue reading “西に向かって”